最寄会

2017年7月13日 (木)

7月の久米最寄の最寄会

 

79日日曜日 久米最寄の最寄会

 

  有職者の会員も出席できるように久米最寄では第一最寄会を

 

  土曜日か日曜日にしています。

 

*******************

 

  読書の後の家計タイムは家計マイノートを開き6ヵ月平均をしての

 

  感想を聞き合いました。

 

  平均を出すことで残り6カ月の暮らし方などそれぞれの思いを

 

  聞き合いました。

 

 

20170709_130351

 

  食の勉強は買い物から帰って買ってきた食材をどのように始末しているかを

 

  聞き合いその後献立のことをしました。

 

  主菜を「鶏のから揚げ」にした場合付け合わせは何にしていますか?

 

  その他のおかずは?と問いかけ紙に書いて一人づつ説明。

 

  「千切りキャベツだけでなく赤いもの・緑のものをつけ合わすといいわね。

 

  常備菜(煮豆・きんぴら・甘酢漬など)があると助かるね」などの

 

  アドバイスや意見がありました。

 

  色々と聞き合うことで若い会員の勉強にそしてちょっと先行く会員の

 

  気づきになればと思っています。

 

 

 

 

 

2017年7月 5日 (水)

6月の湯築最寄の最寄会

6月28日水曜 湯築最寄の最寄会

 

 

 

雨も上がりwさん宅へ高年の集まりから体調崩されていた、

Y さんのお顔も見えてほっとしました。

1498639345822

 

讃美歌

読書 「ありのまま」思想しつつ生活しつつ中

 

 

お孫さんの相談にもこの箇所は指針となる箇所。じっと耳を傾け、

心を開いて話せる祖母の役目を果たしておられるF さん。

思春期の入り口のエピソードに皆聞き入りました。

 

子育て中に、ぜひ読みたい箇所です。

 

 

 

今年度家計の勉強は調味料費。

 

そこから毎月実習もしています。

 

6月はWさんからのリクエストでごまだれ。T さんのリクエストの焼き肉のたれ。

市販品との味と価格の比較もしました。

1498641443279

1498642116276

ごまをするベテラン主婦のTさん。一つの動作も無駄がありません。

『味付けの法則』のゴマだれを実習。

 

鍋帽子でご飯をたき、蒸し野菜と蒸し豚でごまだれと焼き肉のたれを試食。

1498645455242


1498645471378


1498645499346

 

 

しかし、甘いとの感想が皆口々にそこから迷走し、酢と塩を足して完成💦

 

持ち寄った我が家のごまだれも味見しました。

 

ごまだれも焼き肉のたれも勉強は継続中です。

 

 

 

「我が家のごまだれ」は

 

ジャム入り、ヨーグルト入り、豆乳か牛乳いり、マヨネーズ入りなど。

 

どれも子どもや高年向けで美味しく面白かったです。

ピリ辛にしたいときはコチジャン入れるとか。

1498639385954

 

 

焼き肉のたれは『味の型紙』より。

 

子ども向けに、長ネギをリンゴと玉ねぎの変えて。こちらも美味でした。

 

1498639363254

1498645567761

 

 

 

子育てで忙しいけれど、できるかなー。

味を覚えて慣れたら簡単お得でおいしく、安心。

でも無理しすぎないでできるとこからね

 

 

 

2017年7月 1日 (土)

山越最寄の最寄会

 

山越最寄 6月第2最寄会

 

 お仕事などで2名が欠席、8名出席、久しぶりに北条のMさん宅での

最寄会でした。

 

 第2最寄会の読書「友の新聞」から、ある農家会員の

「忙しいからこそ友の会に連なっていないと

忙しいだけの人になってしまう。最寄の読書や生活勉強が

友の会の魅力」、またある有職のリーダーが

「職場での関わりとは違った本音で語り合える友の会は

我が家に戻って来たよう」と、全国中、あるいは世界中に

共感しあえる仲間のいることに幸せを感じたひとときでした。

 

 山越最寄の生活勉強は、お弁当なのですが、前回に引き続き

「鍋帽子®の利用」に励みました。

Mさんの保温調理器は鍋帽子®ではなく、発泡スチロールの箱を

利用したもので、入れるお鍋はいつも同じ、新聞紙でお鍋を

取り囲むようにセットしてあり、ぴったりのお座布団を乗せて

お鍋が納まりました。

Yam1


Yam2


Ya

 

今回は「魔法の鍋帽子®」の本を使って、 “中華おこわ”の実習をしました。

 

早速実習、「やっぱり実際にしてみると良い勉強になりますね」と、

若いMさんが、Oさんのアドバイスを受けながら、中華おこわの具や

お米を炒めます。

Yam3


 

「トマトの湯むきも初めて!」と、面白いようにむけるトマトの皮を

むいてくれました。

Yam4


きゅうりの酢の物も、だしと調味料の割合を勉強しながら用意しました。

 

「食」に長けたMさんとOさんのちょっとしたアドバイスも

メモすることがいっぱいあります。

 

ちょっとした言葉も聞き逃せません。

 

Yam5


 

まるで民宿の調理場のようね!とわいわい昼食の準備が進みます。           

 

 

Yam6


つやつやの「中華おこわ」がふっくらと仕上がりました。 

Yam7


 

 

 

「魔法の鍋帽子®」に載っている“とりハム”も一皿に、

 

レシピどおりにジュレのソースも乗せてあります。

 

(Mさんが用意してくださっていました)

 

トマトと卵のスープ(6月号)も添えて、豪華な昼食ができあがりました。

Yam8

 

 

 

デザートは・・・

 

びっくり「コーヒーぜんざいwithアイスクリーム」

 

全員初めて食べました。でも、すごく美味しかった!!

Yam9

 

 

 

 

 

 

台所の広いMさんのお宅で、ゆっくり調理実習ができて感謝です。

 

 

 

 

2017年6月30日 (金)

6月の畑寺最寄の最寄会

6月の第二最寄会

 

畑寺最寄では、今日もMさんのお宅で最寄会をさせていただきました。

 

 読書、「ありのまま」

 

いろんな年代からのいろんな感想。

 

「すごくべんきょうになります」とMさん。

 

おさなごの食事時間に合わせて11時にはご飯。

 

今日はしおさばとじゃがいものバジルフライパン蒸しが主菜に、副菜がたくさん!

 

 「完食したよ!」と、大先輩のHさん。

 

「サニーレタス、酢味噌和えにしてみたの。にらでもやってるのよ」とIさ ん。

このサニーレタスの酢味噌和え、大量消費にもってこいです。

 

 

 

Img_20170627_112535

 

 

お昼からはクロスステッチを

 

Iさんに習いました。縦の進み方、横の進み方

 

Img_20170627_124705

 

「こうすれば裏も綺麗よ」と言われてやってみたのですが・・・

 

・・・難しい・・・かも。

 

けど、

 

下手も上手のうち!練習練習!

 

 繰り返しの勉強で、上手になれたらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月21日 (水)

三津最寄の最寄会

三津最寄の最寄会

 

毎年らっきょう漬けを手作りしているSさんに教えてもらい

 

漬けました。

漬ける液も手作りで、先輩会員に教えてもらったそうです。

 

見るだけで漬けるつもりは無かったMさんは、漬ける液を味見して

 

「家に帰って漬けるわ!」と。(^^)/

 

市販のラッキョ酢を普段の酢の物用に買っていたKさんは、

 

この分量を常備することにしたそうです。

 

 

Img_20170613_115849

 

らっきょう漬けを作りながら、婦人之友6月号の焼き饅頭も作りました。

6

Img_20170613_124257

とても作りやすく、味も美味しくて、好評でした。

 

 

 

らっきょう漬け

 

らっきょう1Kgを洗い、乾かす。鍋に白砂糖150g、三温糖150g、

 

純米酢400㏄、水100㏄、塩40gを入れて沸かす(沸騰まではしない)。

 

ガラス容器に入れたらっきょうに熱い調味液を入れる。

 

種を抜いて輪切りにした唐辛子2本を入れる。

 

1か月後ぐらいに食べられます。

 

漬けた液は、酢のもにに使えます。

 

 

 

 

2017年6月16日 (金)

畑寺最寄の最寄会

畑寺最寄は、今年は魚料理の実習をしています。

 

今回は、水煮のサバ缶を使ってトマト煮にしてみました。

 

あとは野菜料理の持ち寄りです。

 

ニンジンきんぴら、小松菜のオムレツ(青菜レシピ集より)

Img_20170612_113130_2

夏野菜の香り漬(20157月婦人之友より)、トマトと卵のス―プ(2017年婦人之友より)

デザートはクロガネモチ

 

 

 

Aくんも上手に?「いただきま~す」

Img_20170612_113302

 

 

食事のあとは例会ワンポイントで習った「小梅付け」をしてみました。

1497426756278


 

 

「畑寺 梅太郎」と名付けられ、おいしく食べれるのを楽しみに見守ります。

 

梅を干さない「梅漬け」は、とても簡単ですから、ぜひチャレンジしてみてく ださいね。

 

 

 

2017年6月15日 (木)

樽味最寄の最寄会

今回は、Kさん宅にて、素敵な工芸作品に囲まれて、最寄会をしました。

Ta1

 

事務連絡等の後、早目の昼食は、持ち寄りを、弁当箱に詰めてみました。

 

お弁当箱に入れるのも、とてもいい勉強になりました。

 

 

 
Ta2
 

今回、Oさんが、皆のお弁当箱をご用意して下さいました。

有難うございました。

 

形は、丸く二段重ねの筍弁当箱です。

 

 

 

一の重には、炊き込み寿司・蒲鉾・漬物を

 

二の重には、人参のごま油和え・ピーマンと桜海老の炒め煮・ポテトサラダ

 

プチトマトの蜂蜜レモン漬け・カニカマ、きゅうりの出汁巻き卵

 

Ta3

 

隣の道後公園に移動しての昼食です。

 

Kさんちのお庭と言えるほどの近場です。

 

とても気持ちの良いお天気に恵まれ、ここでお昼寝がしたいほどでした sun

 
Ta4


Ta5


Ta6


Ta7

 

レシピのお話等をしながら、楽しいランチタイムriceball

 

食後は、読書感想の時間です。

 

子育て中のお母様には、直面している悩みが、読書を通して、

深く理解でき知ってて良かったですね。 

少し、ゆとりある子育てが出来そうですね。

 

 

 

子育てを終えた世代にとっては、もっと早くに友の会に

入会していれば良かった、との思いが常にあります。

 

入会していて良かった。と思えるように、皆と一緒に頑張って行きましょう‼

 

 

 

次回の最寄会では、新入会者が出席されます。

 

とても楽しみにしています。

 

 

 

 

 

湯築最寄の最寄会

湯築最寄りの最寄会 6月13日(火)

 

6月13日火曜Nさん宅。

 

○読書 「すべての子どもがよくできる子どもである」婦人之友6月号

1497708852590

1497708866488


元塾講師や、元教員、子どもが現役教員や教員志望のメンバーなので、

経験や教育現場の様子から感想も深くさまざまでした。

○実習 5月の生活勉強会より、

 

鍋帽子で炊く「すき昆布たっぷり炊込みご飯」

1497708881274


1497708896045

忙しい子育て世代のお助け料理で中高生にも人気。

 

豚肉、人参、すき昆布のシンプルな具を炒めてから炊くので

簡単なのにコクもボリュームもあります

 

1497403572191
青いパッケージの すき昆布shine



1497403926461


1497403944024


1497403957153

すき昆布たっぷり炊き込みごはん(魔法の鍋帽子)を

鍋帽子を使って実習し、おかずは持ち寄って、

ごちそうランチになりました。

 

○同じく5月生活勉強会の小梅漬け(赤紫蘇待ち)は冷暗所におきましょう。

と先輩よりアドバイスありました

1497712727894


○家計は調味料費の勉強。調べ用紙の数字を毎月見合います。

1497712763320

次回28日はゴマだれ実習。手作りと市販品の価格比較もします。

砥部最寄の最寄会

613() 砥部の最寄会

 

 

今月の第一最寄会は砥部の最寄リーダー宅に集いました。

 

読書は婦人の友6月号より『すべての子供がよく出来得る

子供である』のページを読みあいました。

 

昔と比べて今は子育てしにくい時代に変わってきたということから、

親と教師との関係、通学路の見守りなどいろんな話題がでました。

 

次に5月の生活勉強会で習った鍋帽子🄬を使っての

『すき昆布たっぷり炊き込みごはん』の実習をしました。

 

作り方は簡単。具材をお鍋で炒め、合わせ調味料を加えて炊きます。

沸騰したら弱火で5分ほど過熱し、その後鍋帽子を被せます。

 

 

 鍋帽子Rで保温調理中。 

可愛い柄はキッチンも明るくなります。

Tobe


② 20分後に蓋を開けてみると…。

 きたての美味しそうないい香りです。

Tobe1


 

③ 炊き込みごはんに加えて、一品持ち寄りした

おかずもよそって美味しそうなお昼ご飯になりました。

 高野豆腐の含め煮、切り干し大根のサラダ、ひじきの煮物、

手羽先の煮込み、ひき肉の昆布ロール、

 割り干し大根のはりはり浸けです。

Tobe2

 

家計タイムは『2016年全国友の会家計報告』を全員で見合い、

集計された年代別の純生活費や、4050代の教育費が

純生活費のなかで占める割合、光熱費など地域による

違いがグラフに表れていて、読んでいるととても興味深い

内容であることに気が付きました。

 

 

 

 

 

2017年6月14日 (水)

山越最寄の最寄会

 

山越最寄 6月第1最寄会

 

 いつも元気に出席のSさん親子、お子さんの発熱で欠席でした。

ちょっぴりさびしい最寄会でした。

 いつものように「婦人之友」6月号の読書感想を聞きあいました。

 「“良いことは伝えたい”「鍋帽子®の金井さん」といわれ、

ミシンが2台壊れるほどめちゃめちゃたくさん作った」

という愛読者の方の記事に、鍋帽子®を毎日の生活に

取り入れている会員は多いに刺激を受けました。

 今日は9月例会担当の例会食のメニュー「ドライカレー」の

実習をしました。

若い会員が子ども背中に実際にしてみたいと

お鍋を混ぜてくれました。

Ya1

 できあがったドライカレーは最後に煮込みますが、

これは保温調理器具の鍋帽子®の出番です。

Ya2


Ya3

焦がすことなくしっかり煮込むことができます。

 ドライカレーが鍋帽子®で、煮込まれている間に、

デザートの カスタードプリン作りです。

Ya4

 事前に作っておいたカラメルソースをプリン型に流し、

その上に、こし器を通した卵・牛乳液を注ぎます。

Ya5


鍋に熱湯をそそぎ、中火で4分加熱した後、

もう一つの鍋帽子®に入れて15分待ちます。

ドライカレーとカスタードプリンは同時に仕上がりました。

ハイできあがり!

Ya6

 

 そして今日のおまけは、一週間前につけ込んだ小梅漬けに

赤じそを入れました。

 

 初めに、赤じそを塩でもみ出し、あくを取り除きます。

Ya7

 

 さらに、もう一度塩でもみ出し、塩漬けした小梅に入れます。

Ya8

Ya9

 

 

 一束の赤じそで、小梅3kg分(ちょうど3人分)の

量が取れました。漬け上がるのが楽しみです。

Ya10

 

 今日も最寄会で、色々なことが学べました。

 

 第2最寄会も楽しみです。

 

 

 

(予定:鍋帽子®を使った中華おこわ)

 

 

より以前の記事一覧