例会

2020年9月12日 (土)

9月例会

9月1日 創立記念例会が開かれました。

三密回避で、窓を開けているので暑いですね。エアコンが効かないです。

実際に参加された方以外にも、リモート参加者が9名いて、こうして新しい例会の形が出来ていくのだなぁ~と新鮮でした。

 

※会員間セールは10月に延期になりました。

P_20200901_102906

P_20200901_102613_p

全国友の会は創立90周年になります。記念日に寄せて、長年友の会につながる、山越最寄のMさんよりお話がありました。

 1930年(昭和5年)に第一回大会が開かれ、四国では昭和5年に高知友の会、昭和7年に松山・宇和島で友の会が設立されました。松山友の会は、今年で88周年です。80周年記念、70年周年、60年周年、50周年の思い出をお話し下さいました。

 

総リーダーからのお話は、短い夏休みは、感染症対策に追われたこと、無事創立記念例会が開けたことの感謝の言葉でした。

P_20200901_113533

家計係より、家事家計講習会の方向転換のお話がありました。

 

夏休み中の全国的感染拡大をうけ、四国部各地の動向は、お客様を呼ばない方針が中心になったこと。

感染リスク回避を優先して、お客様をお呼びする講習会の中止決定になりました。

 

オンラインでの講習会のみ開催すること、また、最寄勉強については、講習会がなくても、会員内で発表できる場を検討していることなど、無念さで声を震わせての発表に、みんなでリモート講習会を盛り上げていこうねという話になりました。

 

2020年7月19日 (日)

7月例会ポイント【防災リュック:大人編】

例会ワンポイントは、一次非常持ち出し袋・防災リュックでした。

大人2人で6kg弱、小学生3kg強 になりました。

7_20200716091501

 

<大人防災リュックの中身>

◯水害も想定しジップロックにいれて。

◯水+補水液,携帯トイレ,充電器,懐中電灯、ラジオ、 非常食,

救急セットタオル,バンダナウェットティッシュ,下着,靴下,増え,軍手,雨具,レジャーシート,防寒シート,万能ナイフ,ろうそくマッチ,ビニール袋新聞紙,使い捨てカイロ予備電池,給水袋,予備の現金

水のいらないシャンプー,アイライナー,リップクリーム

7_20200716091102

<大人の防災リュック特徴>

今回は、体温計,布マスク,携帯手指消毒マイバックもプラス。

これに普段のバックの貴重品常備薬スマホなど。

家族の連絡先や、口座番号、保険証などは、普段から持ち歩いていたいですね。

 

期限切れだったものは水、電池,ほっカイロ,消毒薬,シップ。

期限切れを入れ替え、エチケット用品をプラスしました。

 

 

みなさんの家では、防災リュックを用意されていますか?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

2020年7月18日 (土)

7月例会ポイント【防災リュック:子ども編】

例会ワンポイントは、一次非常持ち出し袋・防災リュックでした。

大人2人で6kg弱、小学生3kg強 になりました。

71_20200716091101

<子ども防災リュックの中身>

🔴懐中電灯ホイッスル付 、予備乾電池

🔴食品(ビスコ缶、キャンディ、水飲みきりサイズ2本310ml)

※水はもう少し入れたいところ

🔴タオル、ハンカチ、テイッシュ

🔴防寒着、レインポンチョ、着替え(夏用)、肌着

🔴衛生用品(マスク、ウエットティッシュ、うがい液、歯ブラシ、手鏡)(消毒液、ガーゼ、コットン、絆創膏)

🔴その他…カードゲーム、ぬいぐるみ、クリップ、保護者連絡先カード、ごみ袋、軍手

 

全部で重さは3.7kgありました。

75

<子どもの防災リュック特徴>

退屈しないようにゲーム(UNO)と好きなドラえもんのぬいぐるみ、はぐれた時のための保護者連絡先を入れているのが特徴でしょうか。

服のサイズチェックも毎回必要です。少しゆとりのあるサイズに入れ替えました。

 

今回は「学校で教えてくれない身近な危険」という本を読んで、子ども自身でお菓子を選んだり、必要なものの準備をしてくれました。

 

みなさんの家では、防災リュックを用意されていますか?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

2020年7月12日 (日)

7月例会

7月10日(金)大雨警報の為、延期されていた7月例会が開かれました。

P_20200710_105338_1

 

 

今回も、席の間を開け、窓を大きく開けて、3密にならないように気を付けました。

P_20200710_105015_1

P_20200710_105021_1

 

小さな人もお母さんのお膝で、お話を聞きました。

P_20200710_105126_1

今日の読書は、「友への手紙」より、「じっくり勉強」です。

三津最寄さんによる、読書感想がありました。

 

 Kさん…子育てを思い出します

 Yさん…著作集「教育30年」よく見る よく聞く 母親は生きた良い先生

 

例会ワンポイントは一次非常持ち出し袋

防災リュックでした。大人2人で6kg弱、小学生3kg

9月までは、地震+水害に備えて、今一度チェックしておきましょう。

 

詳しくは次のブログで紹介します。

 

 共同購入でも、ビニールの仕切りを手作りして、飛沫の拡散をふせいでいます。

P_20200710_123558_1

P_20200710_123606_1

新茶が入荷してます!

2020年6月26日 (金)

6月例会

新型コロナ感染防止を受けて、中止が続いていた例会です。

実に、三か月ぶりの開催です。

6-6

みんなが待ちに待った例会ですが、3密になってはいけないと、事前に参加者を確認、人数を絞って行われました。

いつもなら、「友の国」「讃美歌」をみんなで斉唱しますが、飛沫を飛ばさないように、心静かに伴奏を聞くだけにします。

読書は「友への手紙」より、「あたたかい心」です。

6-4

~山越最寄~

 

Oさんの感想

 コロナの影響で、今まで家にいなかった生活が一変。仕事も趣味の活動も一切なくなり息苦しさを感じた。夫との定年後の生活を思いました。

 この機会にと、家の片づけ、読書に励みました。

 

Mさんの感想

 昭和24年に書かれた文章です。食べるものもなく混乱の真っただ中であった時代に合って、一人一人の心の在り方、国の道行きを真剣になげかけています。

「われわれの与えられているよいものは、 その意味がだんだん深く分かれば分かるほど、その事の価値が発見されるものである。(中略)よい事に引きつけられるのは、われらの生命の本能である。思想することは人間にのみ与えられている力である。偽りなき人

の心のひきつけられるままに、またその純粋な心に疑問の出てくるたびに、その先その先と考えてゆけば倦むことのないのは人生である。」

 

Mさんの感想

 熊本より引っ越してきました。知り合いがいないなか、ステイホーム期間を家に閉じこもって過ごしていた。初めてのお客さんがWさんで、励まされた。明るいことが考えられました。ステイホーム中、家の中を整えました。本当の変わり方は成長であると思いました。

 

総リーダーYさんの感想

  この三か月、活動自粛が続き、各リーダーさんが対策を考えてくださいました。四国部の集まりもオンラインで開催し、可能性を感じられました。柔軟に乗り越えていきたいです。

6-14

3月例会中止以来3カ月。前年度委員最寄リーダー係の皆様へ感謝とお疲れでしたの言葉と共に代表して昨年度の総リーダーさんへ、今年度の総リーダーから、花束が贈られました。皆様本当にお疲れ様でした。

また、五年の長きにわたり四国部中央委員として四国部を支えてくださった松浦加代さんが退任され、小西ゆかりさんと交代され夫々ご挨拶されました。

松浦さんお疲れ様でした。そして新四国部中央委員小西さんよろしくお願いいたします

6-21

 

生活部より、プラスチックフリーに関して、会場の皆さんにクイズがありました。7月からいよいよ、レジ袋有料化が始まりますね。でもなぜ有料化なのか、日本では一人当たりプラスチックが何キロ排出されているのか、みんなで考える時間になりました。

6-8

 

2020年2月 4日 (火)

2月例会

朝はとっても寒い!
でも最寄りのみんなでお掃除して、お花を飾って会場を整えます。
去年入会された、60代のYさんが生けてくれました。

Photo_20200209052501

上の年代の方って、大なり小なりお花の心得があって、
すごいなぁと思います。62名が集まりました!

Photo_20200209052901

今日の読書は・・・
「思想しつつ生活しつつ(上)」~眼前主義を改めよ~(樽味最寄)

Nさん(40代)の感想
 物を買うときよく考えなければ。自分の大切にしたいものは何か、
物事の本質を見極める目をもたないと。人生は選択の連続だが、
芯がぶれないように。子育てが難しい時期、迷った時は自分に正直にありたい。

Iさん(30代)感想
安かろう悪かろう、買い物は一番身近な投票。という言葉があります。
使い捨てだから・・・と、これは買い物に限ったことでなく、
交際、政治、子育て・教育につうじる。

自分の子どもの周りだけよくなることはない、だから社会全体をよくする、という社会活動家の言葉があります。

自分本位でない言葉・行動をこころがけたい。
これもこどもがいてくれたからこそ、と感謝。

ほか、4名あわせて6名の方の感想発表がありました。
読み込んでいらっしゃって、皆さん感想が深い…!

☆生活ワンポイント☆(東野最寄)
  イワシの手開き

Photo_20200209053101
魚を焼くフライパン、たれを作る小鍋、と分けるのがきれいに作るコツ。
焼けた魚を、小なべのたれに「シュン」と入れると、
きれいに出来上がりますよ。 
 
☆我が家の家計12ヶ月決算をだして☆
Mさんが、去年の家計を発表してくれました。
勉強になります!

Photo_20200209053201 

例会の後は、今月は会員間セールでした。
会員手作りのパンやケーキ、手作り品や中古品の持ち寄りを購入して、
楽しいひと時でした。

 

2020年1月10日 (金)

1月例会

新年例会も、お客様がお子さんを連れて参加してくれました!
ありがとうございます。

1_20200117133501

今月の読書
「思想しつつ生活しつつ(上)」
“親子の愛の完成”

山越最寄(11名:30代~80代)
文中、同じ箇所で心に留まったという人が何人かいて、それでも
年代も違えば、それぞれが過ごした時間も違うので、感想も様々。
これが例会読書の醍醐味なのかもしれません。

子育て真っ最中、子どもの気持ちも自分の気持ちも大切に、
家事に育児にと奮闘している様子や、
子育て中・終盤、ふとした瞬間にこどもの成長を感じるエピソード、
成人した子の家族を見守る親心、お正月のささいな会話。
一人一人、その人ならではの人柄がにじみ出る素直な感想に、
思わず涙が出たり、笑いが出たり・・・
それぞれの世代ごとに人生の歩みが感じられました。

★Oさん:80代の感想★
時代が変わっても根本は変わらない。
思い返すと、友人や近所の人、友の会の人、
いつもそばに助けてくれる人がいることが幸いだった。
子育てに悩むのも幸せなこと。世界をみると、戦下の子どももいる。
新しい年に子供たちに幸多き年となることを願っています。

2_20200117133601
鼠年の「新年言志」

(Tさん:30代)
独身の時に買ったネズミの置物をお正月用に飾ったら、
12年があっという間だったと感じた。
日々の子育てにくじけそうな時もあるが、
12年後、3人の子どもはそれぞれ中・高校生?!
それを思うと、1年、1年の大切さを感じる。
今年も家計簿をこのまま続けられるようにしていきたい!
モノを整えつつ、自分の心が落ち着くように、
日々の心の在り方を大事にしていきたい!


(Iさん60代)
好きな時間はあまりないと思っていたけれど、
新年言志を考えていると、あることに気づいた。
★朝日が昇るのをみる時間
★刺繍をする時間
★寝る前の読書の時間
★花を育てる時間
好きな時間を大切にしながら
思想しつつ、生活しつつ、一日の平和を祈っていきたい!

家計より
『家計簿は楽しい♪』(30代Hさん) 

「家計簿きらい!」って言っていたHさんが、
元気ハツラツに、家計簿の楽しさを語ってくれました!

去年、あることがきっかけで見えてきた楽しい世界!
なんて簡単!一目でわかる我が家の家計に感動!!と、
今年の予算表まで公開して説明してくれました!!

5年前、
家計簿の大切さは分かるけどつけても楽しくない!
なんのためにつけているのか?!
そんなHさんが、なぜ今、家計簿が楽しい!って
言えるようになったのか?!
きっかけは、母の愛が?!夫の一言が?!

理由を知りたい方は、下記アドレスまでお問合せください。
matsuyamatomonokai@gmail.com


新年は、とにかく盛だくさんの例会プログラム。
ブログではすべてを伝えられないのが残念です!!
(会員外の方も見学も可ですので、お問合せください。)

例会後は、東野・畑寺最寄のみなさんが
作ってくれたあったかい『おでん』を囲み、
それぞれの新年の抱負を聞き合ったり、
おでんの作り方のコツなど教え合ったり、
それぞれに会話も心も弾む時間になりました。

託児室で待っている子どもたちも、
福笑いで楽しくごきげんに過ごせました。

4_20200117133601

5_20200117133501
“笑う門には福来る”
今年もよろしくお願いいたします。

 

2019年12月 3日 (火)

12月クリスマス例会

  クリスマス例会に、2名のお客様と
仕事をしながらも「暮らしを整えたい」と
今月入会のYさんが参加してくれました!
ありがとうございます☆

12_20191213041001

「思想しつつ生活しつつ(上)」三津最寄
“よく忘れること”
☆Kさん感想☆
嫌なことを忘れたらよいのに、思い返してしまう。
自分の心をよくよくのぞいて反省。
目の前で起こることに、良いことも悪いことも
感謝の心を持てれば未来は明るくできるのではと思う。

「寒さと暗さと貧しさと」
日本パプテスト道後キリスト教会 宮本恵牧師
聖書(第1節46~56)より
大きく2つ読み取られることは、
☆身分にかかわらず神がマリアを選んだこと
☆マリア自身も覚悟を決め、神様を信じて一歩前へ進んだこと
正義と平和を追い求めたとき、
私たちも前に一歩出る
誰かの励ましに、勇気をもってそれまでとは
違う世界の扉を開くことができる。
主は哀れみをお忘れにならない。
私たちも一歩ずつ歩んでいきたいものです。

お話のあと、
家事家計講習会報告
生活勉強会報告
友の家建設についてなど、
松山友の会が1歩ずつ歩んでいる道、
これからの一歩に大事なことを感じる時間となりました。
宮本牧師に感謝です。ありがとうございました!

☆暮らしのワンポイント
『ナチュラルクリーニングで気持ちよく』(湯築最寄より)
師走に入りました!
キッチン、コンロ回りなどお掃除はどうしてますか?

12_20191213041002

最寄の30代Yさんがナチュラルクリーニングに移行中。
Yさんのお悩みに、疑問質問に先輩が応えながら、
重曹・セスキ・クエン酸の用途と特性の違いや
粉石けんの応用で、プリン石けんの作り方と使い方を
教えてもらって「やってみよう!」という気持ちになりました。

「自分の家がきれいになっても、地球が汚れたら意味がないのよ」
(80代Yさん)の言葉に大きなうなずきがあり。
地球にやさしく、家族にも優しいナチュラルクリーニングで
毎日を気持ちよく過ごしていきたいものです✨

12

例会後は、前日から若い会員が準備してくれて
みんなが楽しみにしていた例会食

12_20191213041004 12_20191213045301

いろんな年代交えておいしいご飯を囲み、
会話も弾んで、心あたたまる時間になりました。

 

 

 

 

 

 

2019年10月12日 (土)

10月例会

10月例会 司会 久米最寄

10re-002

読書 「思想しつつ生活しつつ(上)」~何のために働くか~

10re-004

感想

よいと思ったことは必ずする。意義ある勤労。

よいことは必ずできる。本気ですることが大切。

真実、希望のために働く。

立ち止まる自分がいる。

時間の使い方は命の使い方。

著作集が基本。何度も繰り返し身につけた。

プライドを持ってください。先輩からの言葉。

どんな時でも一生懸命。

家計簿によって落ち着いて暮らせる幸せを伝えたい。

※ ※ 四国部会報告 ※ ※

 

90周年に向かって 各地の取り組み

10re-006

友の会の時間 70代がんばってます。

10re-007

プラスチックフリーの取り組み

10re-008

乳幼児の生活時間アンケート

10re-010

自由学園 100周年へ向けて

10re-011

西日本豪雨でつかった着物で作った帽子

10re-013

八幡浜友の会のもてなしに感謝。

2019年9月 8日 (日)

9月創立記念例会

9月創立記念例会

9-002

司会 三番町最寄

読書 思想しつつ生活しつつ(上) 「保全の力と進歩の力」

9-004

*感想*

最寄に摩擦や意見の相違はある?最寄リーダの仕事はあなたはどう思う?と聞くこと。

友の会の軸は読書だと痛感。

環境が変わると新鮮。家庭にも新しい習慣が加わる。それが進歩。

友の会で黒一色からポツリポツリと色が加わる。

慎重な性格で前例踏襲してしまう。お嫁さんの子育て自分の経験生かせた。

いまどきの子育ても学ぶ。


*生活部より*

プラスチックフリーについて

ゴミ袋どうしてますか?捨てるだけの袋なら、紙袋でもいいですね。

 

*創立記念によせて* Tさんの発表

9-017

60、70、80周年の生活展に参加しました。

60周年は「今、生活を見直そう」をテーマに5日間行いました。

幼稚園児だった息子と牛乳パックのおもちゃ作りをしました。

70周年は衣食住のグループに分かれて発表しました。

衣グループでは「着たら洗うから汚れたら洗うへ」のコーナーで働き、

最寄勉強では食用油の酸化について発表しました。

80周年は田中周子さんと手作りを楽しもうと小学生が

針と糸でちくちく縫いをしました。

郷土料理の講習では松山風ちらしずし、しょうゆもちを実習するので

家でなんども練習しました。

来年の90周年も一家総動員で準備しましょう。

 

🎶 すみれコーラスさんによる「いのちの歌」🎶

9-018_20190908202801

会員間セールがありました。

9-020

 

 

 

より以前の記事一覧