家計のこと

2017年7月28日 (金)

7月家計レッスン

7月家計レッスンが719日の水曜10時から12時に

友の家研究室でありました。

 

出席者は11人、その内4人は子どもさんと一緒にhappy01

 

Dsc_0422


 

讚美歌217

 

読書は家事家計篇第1章五

 家庭は簡素に社会は豊富に

 

感想は、

 

*上の生活を見たらきりがない、

SNSで自分の生活をupする世代が

大人になったら、どういう社会になるんだろう、

 

Dsc_0420_2

*募金活動とはどうなんだろう?

見たら、100円募金をすると決めている。それを子どもにも見せている。

 

*最近、物欲がなくなってきた。きっかけは、遍路の道です。

厳選した物を選ぶようになった。適正な生活をしたい。

 

 

*寄付とか社会に還元するのは薄い生活

 

*スーパーで九州の災害のお見舞いをした。家庭を簡素にして社会に還元したい。

 

*20年前に阪神大震災で妹の家がつぶれた。物欲もない。

友の会の公共費は喜んで差し出している。

 

*家庭は簡素にはプラスのイメージ、質素とは違ってイメージ。

今の次代、貧富の差が激しいが、せめて、家事家計講習会で提案できればいいと思う

 

*最寄で貧困の事を勉強している、地産地消

一番近くの場所でお金を使おうという主義

そういう気を付ける生活を、考えるのはどうか?

 

*家庭観を自分と同じだ、違うと思いながら養って欲しい

 

 など色々な感想が出ました。

 

Dsc_0421

**********

 

婦人之友

家計簿をつけ通す同盟(保健衛生費)

 

 

友の会で、食費と保健衛生費は関連している。

日野原さんが、生活習慣病、人間ドックを作ったなど、

先日亡くなられた日野原先生の話題がでました。

 

*医療費と美容。

 

定期検診や予防にお金を使うのも良い、家計ルームのKさん

 

シャンプーは半押しとか調味料はきちんと量るなど徹底していることに驚きました

 

**************

 

それから費目分けの勉強

 

各自分かれてパソコン家計簿、月末処理、主食費についてなど、勉強しあいました。

 

 

Hさんの美味しいチーズケーキでteatimeshine

Dsc_0424

 

 

来月は未定ですが、またのご参加お待ちしています。

 

家計簿持参でお願い致します

 

 

 

2017年7月12日 (水)

6月の家計レッスン

 

626日月曜日10時から、友の家和室で6月の家計レッスンがありました。

 

出席者は7人。お子様も3人来てくださいました

Dsc_0307_2

讚美歌 90

 

読書 家事家計扁第134

 

感想としては、

 

☆ Iさんは予算を立てて生活することがなかったので、

この勉強会に参加させてもらって良かった。(収入1年分、1ヵ月分)

 

 

☆ Tさんはまだ、予算がたてられていない。

今回2ヵ月やっと家計簿がつけられた。

家のローンもあるし、子供の教育費、自分達の家計を夫婦で、

本当に理解できていないので、夫にも認識してもらいたいとのこと

 

☆ Hさんは、収入一年分の準備金を、友の会入会とともに、

教えてもらってびっくりした。この頃は失業保険もなかった。

その頃給料の締めが20日だったので、21日からつけるのかと思ったが、

最寄の人から、先月の給料で暮らすようにと、言われた。

 

 

☆ 来年ご主人が定年のWさんは家計簿をつけていることで

来年どれくらい、必要か、わかる、安心できる、と言われました。

 

☆ 共働きから一人の家計になったMさんは、不安で、友の会に

入会したが、家事と家計は両輪よ、と、言われて納得したとのこと。

友の会に入って良かった。

目標は一年分の収入、なんでも続けることが大切と言われました。

 

また、婦人之友6月号より大切な保険の見直しについて話しました。

特別費についても、話し合い、生命保険(掛け捨て)

帰省費、親の介護、カード年会費など、

 

Dsc_0308

 

それから、電子マネーについて、

これからの時代、避けては通れない。しかし記帳が複雑になるので、

家計簿もそれに対応した、記帳欄が必要になってくるのではとのこと。

 

 

 

みなさん、活発な発言で、楽しい充実した、家計レッスンになりました。

 

7がつは、19日、水曜日です、

 

皆様のご参加お待ちしています。

 

 

 

2017年6月 4日 (日)

5月の家計レッスン

524日、第二回家計レッスンをしましたmoneybag

 

出席 会員2名、スタッフ4

 

読書は家事家計篇 第1章 家庭経済の出発点と到着点 

1家事家計の目標

2一家の財力と労力の基礎でした。

 

収入一年分の準備金を用意することや、

物を持たない生活、3度欲しいと思ったら、買いなさいなど

様々な話が出ました。

 

家計簿をつけ通す同盟

Image1496346799838

今月は娯楽費、教養費

新聞や書籍代が減少しているとのこと。

 

今回参加されたIさんは、北海道でU6に出合い

松山に引っ越しされて5月に入会されました。

小さいお子さんとご一緒に参加。

これからのご活躍が楽しみです。

Dsc_0032_2

毎回参加のKさんは、着実に家計簿記帳が進んでいて素晴らしいですshine

 

会の終わりに

お抹茶で一服japanesetea

Dsc_0033

コツコツとこれからも家計簿記帳に励みましょう。

 

来月は626日です、

皆様のご参加お待ちしています。

 

2017年2月20日 (月)

家計レッスン

2月16日(木)第9回家計レッスン

2

出席会員3名、家計リーダー2名

諸所の理由で、いつも支えてくださっている会員の

欠席で、会員3名と家計リーダー2名のこじんまりした会になりました。

    Photo
 
(羽仁もと子著作集21冊の9巻めに家事家計篇があります)

読書:家事家計篇第9章”金を使わず物を使え”引っ越しをするときに

今までよりも狭い状況のところに住まなくてはならない状況になり、

泣く泣くソファーを置いてきましたという体験談を話す人があり

その時、大分物を処分されたそうですが(リサイクルを含めて)

やはり物は少ない方が良い。気持ちも頭も場所も

すっきりとするという話に落ち着きました。

また、安いからと言って、こぞっと下着を買い込んでも

年々物は進化して安くて軽くてより暖かいものが出て

機能が良いものを買う方が良いという話は

説得力がありました。

ほどいた毛糸で新しいものを作るとかは

技術が伴わないとなかなか難しいけれど

あるものを上手に使いこなしていく。

上等な食器もしまいこまないで”使う”ことに

すると良いなどの話も出ました。

婦人之友2月号
Huzinnnoto2gatu

家計簿をつけ通す同盟のテーマは”主食費”

家計リーダーSさんが、主食費の内容を項目別(米・パン・麺など)に

金額を出したものを発表しました。

主食費は例年通りの予算を組む人が多いと思いますが

一度その内容を調べて我が家の傾向を知っておくことも

良いかと思います。

(^▽^)/ !(^^)! (#^.^#)

2017年2月 3日 (金)

婦人之友2月号読まれましたか?

今、発売中の婦人之友2月号74Pに

松山友の会会員のSさんの記事があります。

家計ルーム「人生の節目にはいつも家計簿がありました」

是非、読んでみてください。

Huzinnnoto2gatu

2017年1月27日 (金)

家計レッスン1月

1月26日(木)第8回家計レッスン

出席 お客様1名、会員3名、スタッフ会員4名、

 家計リーダー2名

先月に続いて、Mさんが子供さん連れで参加。

少し遅れてIさんも子どもさん連れで参加。

よかったです。

Img_0753

読書は、家事家計篇第9章

”買い置きの不利益”これまで買い物について

いろいろ読書する中で、それぞれの考え方が明らかになったが

それは家族構成・年代・個々の性格で変わってくる。

例えば、買い置きが好きなタイプだったり

そうでなかったり、いろいろだが

皆の話を聞くことで刺激を受けて生活に生かしつつあることは

嬉しいことだ。

見当しをつけて行動するのが苦手だったが

子供ができてからは見当しをつけて生活したいと

感想を述べた若い会員もいた。

Img_0758

次に1月ということもあり 予算の立て方について話し合った。

あらかじめ1項目について自分がどのように予算を立てたか

発表してもらう用にお願いしていたので

それぞれが割り振られた費目の予算たてを発表。

予算を立てていく過程のことを聞くと 

詳しい内容や考え方がわかり面白かった。

例えばヤクルトは調味料費に入れているけど、健康のことを思って

飲んでいるのだったら、保健衛生費に入れてもいい。

でもその場合は、その考え方を年〃で変えないで

一貫すべきだとか

公共費についてもも若い時と年を経てきた時では

公共費への思いも変わってきたと、

具体的な数字を挙げて2名が発表。勉強になった。

嬉しいことにお客様のMさん、来月入会されます。

2016年12月20日 (火)

家計レッスン

12月5日(木)第7回家計レッスン

出席:お客様2名 会員2名 スタッフ会員2名 家計リーダー2名

11月は、お休みだったので、久しぶりの家計レッスンでした。

家事家計講習会に来てくださったお客様が2名参加。

そのうち、お一人は家計レッスンは初参加。


Img_0685


Img_0686


まず、家事家計編第9章「買い置きの利益」を読書

各自が買い物について決めていることやポイントを話し

参考になりました。

その中で、印象に残ったのは

乾物は買ったその日に調理し、余分は冷凍しておくということ。

乾物は、保存しておいて何もない時に使うイメージだったので

すぐ調理して冷凍しておくというのは、ちょっと驚きました。

でも、こうしておくとお弁当にもすぐ使えますね。

次に、新しい年が近いので、予定と予算の表を使って

予算の立て方の基本を教育費を例に説明。

毎月必要なものと、1年で考えたいものに分けて考えるやり方を

具体的に数字を出して説明すると、よくわかったようです。

小さい子ども連れの会員が教育費はどのくらい用意

貯蓄しておくとよいか質問。

それぞれの家庭で違うし、生活費がひっ迫するほど

貯蓄というのも問題なので

全体のバランスを考えることも大事、

だけど、貯蓄するのは子どもが小さいうちとアドバイス

もでました。

来月も予算のことを勉強します。





2016年12月19日 (月)

三番町最寄の家計相談会

Img_0683

 

家計相談会でクリスマスケーキを作りました。
昨年の生活基礎勉強会で習ったケーキです。
若い人が多かったのでクリスマスのリハーサルになればいいと
思いました。
スポンジはふんわり美味しくできましたが、味は良かったです。

(自分で作ると原価は安いです)

Mさん

思っていたよりも、工程が簡単で、

是非子ども達と一緒にやってみたいと思いました。

Iさん

子連れのため、試食にしか参加できなくて残念でしたが、

ケーキは上品なクリームと

ふわふわのスポンジがとっても美味しかったです!

教えていただけて良かったです。

クリスマスに作る予定にしています。

1月の最寄会は久しぶりの対決シリーズ パエリア勝負です! 

お客様大歓迎です。

  詳しくは、ブログに申し込んでくださいね。

2016年12月 9日 (金)

高年の家計簿が新聞に掲載されました

今日の読売新聞に掲載されました。

「2016.pdf」をダウンロード

Photo_3










2016年11月19日 (土)

家計相談会があります!

家事家計講習会にこられた方から感想を頂きました。

Hさん「お弁当ブース感想です。

夕飯の残りを無理矢理翌日食べていたけど、

冷凍したらお弁当が簡単で、台所も汚れなくて済むし、

常備菜、冷凍など真似しようと思いました‼

講習会に参加して、刺激受けました。」

家計相談会のも来ますと連絡を頂きました。

「2016kakeisouddan.pdf」をダウンロード