家計のこと

2018年2月18日 (日)

2月の家計レッスン

 

家計レッスンの報告

214日(水)友の家研究室で2月の家計レッスンを

しました。出席は、スタッフ4人、会員3人、お客様

2人(いつも来てくださっているYさんと初めてのH

さん)でした。幼子が4人、賑やかな集まりとなりま

した。

読書は、『家事家計篇』第3章生活費とその予算の

「大家計の場合」、

皆自分ちは大家計じゃないからと口々に言いながら、

「お金がある人は、自分のためばっかりでなく、社会の

ために使わなくてはならない。」

「子ども時からの金銭教育が大切」

などの感想が出ました。

続いて、婦人之友社の家計簿は税金を書く欄があるので、

税金の勉強をしました。

Dsc_0499

Dsc_0497


Dsc_0498

その時に出たふるさと納税について、

「公務員は税金の控除を受けられないのでは?」

と質問があり、後で調べてみたら、ワンスットプ特例制度は

使えないが、確定申告すれば受けられるそうです。

その後、個別に見合いました。月末処理をマスターしたいNさん、

初めて来られたHさんには3か月家計簿をお渡ししました。

Iさん、Tさん、Yさんも順調に記帳できています。

3月の家計レッスンは、22日の予定でしたが、15日に

変更になりました。

2018年1月28日 (日)

1月の家計レッスン

1月17日(水)家計レッスン

お客様1名、会員6名の参加で行われました。

読書「家事家計篇」よりー小家計の場合ー

感想

*予算の立て方はボーナスを含める?含めない?

婦人之友社の家計簿はボーナスを含めて考えるが、

ボーナスをあてにしないほうが健全では?

などといろいろな意見がでました。

*保険の見直しをすると、固定費も変わったので、

知らずに契約したが、見直しは大切だと気付いた。

*衣食住で食をメインに考えてきたが、読書では

衣がよく出てくると最近気づいた。昔は着物が

高価でそんなに度々買えるものではなかったからでは?

今はファストファッションが流行っているが、少し前までは

安くていい服はなかったかも。時代か。

snow 家計簿の個人対応

先輩会員が個別に家計の相談に応じました。

Dsc_1150

相談後はコーヒーとケーキでお茶タイムcafe

今年も始まったばかり。ご一緒に家計簿で予算生活しませんか?

次回の家計レッスンは2月14日(水)10時からですhappy01

2017年12月18日 (月)

家計相談会

1212日火曜日10時よりHさん宅で三番町最寄の家計相談会を

行いました。

 

お客様は道後にご主人のご両親との二世帯住宅にお住まいのSさん

です。Wさんのお友達です。

Dsc_0460

読書は『家事家計篇』「人生の朝の中に」

「難しくなく気軽に読めます。」

「家事と家計は車の両輪ということがよく分かった。」

「家の中だけでなく家計は社会全体に繋がっているという考えが新

鮮だった。」

などの感想が出ました。

家計簿をつけることで、公共料金のミスに気づいたり、医療費控除

の際にも役に立つなど、様々なメリットがあることを話しました。

その後、皆で、パンフレットを使って、我が家の副食物費の予算を

立てました。

Sou

ティ―タイムはTさんが実習した鍋帽子で作ったプリンです。

柔らかプリンのはずが、何故か普通のかたさのプリンでした。

でも、とっても美味しかったです。

家計簿のつけ方の動画

羽仁もと子案の家計簿のつけ方の動画です。

ご覧ください happy01

https://www.youtube.com/watch?v=-fXynxjYdVM

2017年11月23日 (木)

山越最寄 家計相談会

山越最寄 家計相談会 20171121(火)

 

恒例の家事家計講習会が終わり、もっと詳しく家計簿について

知りたいというお客様をお迎えして「家計相談会」を開きました。

 

 会場のW宅近くにお住まいのお客様Iさんが、

お嬢さんとご一緒に出席くださいました。

 

 羽仁もと子著作集「家事家計篇」巻頭言“人生の朝の中に”を

読書で読み合いましたが、いつ読んでも家計簿をつけることの

大切さを感じさせていただける箇所です。

Soudan
 

 山越最寄の会員自身が「羽仁もと子案家計簿」を

つけ始めるようになったきっかけを聞き合いましたが、

初めてお聞きするような話もあり、なぜ山越最寄の

会員がきちんと家計簿をつけ続けられるのか合点がいきました。

 

 「一日の食事摂取基準を基にした食品の目安の量の

年齢別の表」を参考に、I家の副食物費の予算をご一緒に

立ててみました。Iさん「あ〜こうして、食べないと

いけない量や金額を出すのですね」と納得していただけました。

 

 

Iさんは過去に「羽仁もと子案家計簿」購入されていましたが、

なかなかつけ通せずにおられたとか。

ご一緒に家計簿記帳に励むことができればと思いますし、

困った時はお手伝いができたら嬉しいと思います。

 

 また、Iさんは「鍋帽子®」にもとても興味があり、

家事家計講習会も「使ってみませんか?鍋帽子®」の

プログラムの日を選ばれ参加されていました。

 
 

お客様をお迎えするにあたって「魔法の鍋帽子®」の

レシピ集より洋風茶碗蒸し「きのことほうれん草のフラン」を

実習して、皆でいただきました。

Soudan2_2

 皆さんと初めて作った熱々の「きのことほうれん草のフラン」は、

とてもおいしかったです。会員のお子さんもIさんのお子さんも、

おいしそうにたべてくれました。

 そして、リーダーが用意してくれたおやつの「茶巾絞り」を

いただいて、昼過ぎに「家計相談会」を終了しました。

 

 

2017年11月11日 (土)

若いお母さんたちのかけいぼ入門

若いお母さんたちの「かけいぼ入門」

子供の教育費どうすればいい?、家計簿をつけたいけど続かない・・・

なんでも相談してください。

家計簿のある暮らしをご一緒にスタートしましょう!

Okaas

「kakei.pdf」をダウンロード





家計相談会のご案内

家計相談会のご案内

家計簿のつけ方や予算立てを詳しくお伝えします。

都合のいい会場へ連絡の上、ぜひお出かけください。

Photo_2

「2017.docx2016.10.20.pdf」をダウンロード

2017年11月 3日 (金)

家計レッスン

1020日(金)10時から12

松山友の家で

家計レッスンがありました。

出席者は11

お客様1

 

讚美歌90

読書 家事家計篇 第2章2

 

 貯金と借金」

 感想

* 先々を見通して、賢く投資する、年月をかけて自分に見合った家計の

ブランニングを立てることが大切

* この本に書いてあるようなことをした土地だけでは、税金が高い

 

* 結婚して2年後に家を建てた。10年で返済したが、家が小さくなった。

損をしないお金のかけ方が大切

 * 夫が50才の時にマンションを買った。家計簿をつけていたので、

家も子どもの教育費もなんとかなった。

 

* 家のローンも、教育費もおわり、息子が結婚して、いまは、ひとりぐらし、

1つかふたつ悩みはあるか、しんぼがあってよい、家計簿をつけていたのが、

一番よかったこと、

 

* 結婚してから、親の進めで、家計簿をつけている。

繰り上げ返済を何度もして、ローンを完済した。

貯金も大事だが、借金をなくすのも、大事

Dsc_0840

Dsc_0841

 

この他にも、沢山の感想がありました。

また質問として、

ポイント券、商品券の扱いは?

夫の職業費の内訳は、どのように記入するの?

などでました。

その後、個別対応で、お客様をベテラン会員が熱心に指導しました。

 

あっという間に、tea time

 Hさんの季節の紅玉のリンゴケーキと、紅茶で、なごやかな時間となりました。

Dsc_0843

 

家事家計講習会が、始まりました。

しっかり様々な年代の方に家計簿をひろめて、

友の会を知っていただくためにも、

多くのお客様をお誘いしましょう。

2017年7月28日 (金)

7月家計レッスン

7月家計レッスンが719日の水曜10時から12時に

友の家研究室でありました。

 

出席者は11人、その内4人は子どもさんと一緒にhappy01

 

Dsc_0422


 

讚美歌217

 

読書は家事家計篇第1章五

 家庭は簡素に社会は豊富に

 

感想は、

 

*上の生活を見たらきりがない、

SNSで自分の生活をupする世代が

大人になったら、どういう社会になるんだろう、

 

Dsc_0420_2

*募金活動とはどうなんだろう?

見たら、100円募金をすると決めている。それを子どもにも見せている。

 

*最近、物欲がなくなってきた。きっかけは、遍路の道です。

厳選した物を選ぶようになった。適正な生活をしたい。

 

 

*寄付とか社会に還元するのは薄い生活

 

*スーパーで九州の災害のお見舞いをした。家庭を簡素にして社会に還元したい。

 

*20年前に阪神大震災で妹の家がつぶれた。物欲もない。

友の会の公共費は喜んで差し出している。

 

*家庭は簡素にはプラスのイメージ、質素とは違ってイメージ。

今の次代、貧富の差が激しいが、せめて、家事家計講習会で提案できればいいと思う

 

*最寄で貧困の事を勉強している、地産地消

一番近くの場所でお金を使おうという主義

そういう気を付ける生活を、考えるのはどうか?

 

*家庭観を自分と同じだ、違うと思いながら養って欲しい

 

 など色々な感想が出ました。

 

Dsc_0421

**********

 

婦人之友

家計簿をつけ通す同盟(保健衛生費)

 

 

友の会で、食費と保健衛生費は関連している。

日野原さんが、生活習慣病、人間ドックを作ったなど、

先日亡くなられた日野原先生の話題がでました。

 

*医療費と美容。

 

定期検診や予防にお金を使うのも良い、家計ルームのKさん

 

シャンプーは半押しとか調味料はきちんと量るなど徹底していることに驚きました

 

**************

 

それから費目分けの勉強

 

各自分かれてパソコン家計簿、月末処理、主食費についてなど、勉強しあいました。

 

 

Hさんの美味しいチーズケーキでteatimeshine

Dsc_0424

 

 

来月は未定ですが、またのご参加お待ちしています。

 

家計簿持参でお願い致します

 

 

 

2017年7月12日 (水)

6月の家計レッスン

 

626日月曜日10時から、友の家和室で6月の家計レッスンがありました。

 

出席者は7人。お子様も3人来てくださいました

Dsc_0307_2

讚美歌 90

 

読書 家事家計扁第134

 

感想としては、

 

☆ Iさんは予算を立てて生活することがなかったので、

この勉強会に参加させてもらって良かった。(収入1年分、1ヵ月分)

 

 

☆ Tさんはまだ、予算がたてられていない。

今回2ヵ月やっと家計簿がつけられた。

家のローンもあるし、子供の教育費、自分達の家計を夫婦で、

本当に理解できていないので、夫にも認識してもらいたいとのこと

 

☆ Hさんは、収入一年分の準備金を、友の会入会とともに、

教えてもらってびっくりした。この頃は失業保険もなかった。

その頃給料の締めが20日だったので、21日からつけるのかと思ったが、

最寄の人から、先月の給料で暮らすようにと、言われた。

 

 

☆ 来年ご主人が定年のWさんは家計簿をつけていることで

来年どれくらい、必要か、わかる、安心できる、と言われました。

 

☆ 共働きから一人の家計になったMさんは、不安で、友の会に

入会したが、家事と家計は両輪よ、と、言われて納得したとのこと。

友の会に入って良かった。

目標は一年分の収入、なんでも続けることが大切と言われました。

 

また、婦人之友6月号より大切な保険の見直しについて話しました。

特別費についても、話し合い、生命保険(掛け捨て)

帰省費、親の介護、カード年会費など、

 

Dsc_0308

 

それから、電子マネーについて、

これからの時代、避けては通れない。しかし記帳が複雑になるので、

家計簿もそれに対応した、記帳欄が必要になってくるのではとのこと。

 

 

 

みなさん、活発な発言で、楽しい充実した、家計レッスンになりました。

 

7がつは、19日、水曜日です、

 

皆様のご参加お待ちしています。

 

 

 

より以前の記事一覧