« 6月の畑寺最寄の最寄会 | トップページ | 7月のおさなごと母の集まり »

2017年7月 1日 (土)

山越最寄の最寄会

 

山越最寄 6月第2最寄会

 

 お仕事などで2名が欠席、8名出席、久しぶりに北条のMさん宅での

最寄会でした。

 

 第2最寄会の読書「友の新聞」から、ある農家会員の

「忙しいからこそ友の会に連なっていないと

忙しいだけの人になってしまう。最寄の読書や生活勉強が

友の会の魅力」、またある有職のリーダーが

「職場での関わりとは違った本音で語り合える友の会は

我が家に戻って来たよう」と、全国中、あるいは世界中に

共感しあえる仲間のいることに幸せを感じたひとときでした。

 

 山越最寄の生活勉強は、お弁当なのですが、前回に引き続き

「鍋帽子®の利用」に励みました。

Mさんの保温調理器は鍋帽子®ではなく、発泡スチロールの箱を

利用したもので、入れるお鍋はいつも同じ、新聞紙でお鍋を

取り囲むようにセットしてあり、ぴったりのお座布団を乗せて

お鍋が納まりました。

Yam1


Yam2


Ya

 

今回は「魔法の鍋帽子®」の本を使って、 “中華おこわ”の実習をしました。

 

早速実習、「やっぱり実際にしてみると良い勉強になりますね」と、

若いMさんが、Oさんのアドバイスを受けながら、中華おこわの具や

お米を炒めます。

Yam3


 

「トマトの湯むきも初めて!」と、面白いようにむけるトマトの皮を

むいてくれました。

Yam4


きゅうりの酢の物も、だしと調味料の割合を勉強しながら用意しました。

 

「食」に長けたMさんとOさんのちょっとしたアドバイスも

メモすることがいっぱいあります。

 

ちょっとした言葉も聞き逃せません。

 

Yam5


 

まるで民宿の調理場のようね!とわいわい昼食の準備が進みます。           

 

 

Yam6


つやつやの「中華おこわ」がふっくらと仕上がりました。 

Yam7


 

 

 

「魔法の鍋帽子®」に載っている“とりハム”も一皿に、

 

レシピどおりにジュレのソースも乗せてあります。

 

(Mさんが用意してくださっていました)

 

トマトと卵のスープ(6月号)も添えて、豪華な昼食ができあがりました。

Yam8

 

 

 

デザートは・・・

 

びっくり「コーヒーぜんざいwithアイスクリーム」

 

全員初めて食べました。でも、すごく美味しかった!!

Yam9

 

 

 

 

 

 

台所の広いMさんのお宅で、ゆっくり調理実習ができて感謝です。

 

 

 

 

« 6月の畑寺最寄の最寄会 | トップページ | 7月のおさなごと母の集まり »

最寄会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2025054/71022395

この記事へのトラックバック一覧です: 山越最寄の最寄会:

« 6月の畑寺最寄の最寄会 | トップページ | 7月のおさなごと母の集まり »