« 5月例会② | トップページ | 土曜の集い »

2014年5月11日 (日)

5月の生活工芸グループ

生活に潤いをもたす物を、

手作りしているグループです。

ステンシルの葉書や、布巾、テーブルセンター、

のれんなどを作っています。

植物をスケッチして、デザインに変え、型紙を作り、染めています。

そのゆっくりした過程を、とても楽しんでいる集まりです。


Seikatukougei2

「年間を通して四季の草花をスケッチしています。

今は、6月6日の友愛セールで販売する、布巾を作っています。

生活工芸グループの活動は、

奥深いです(o^-^o) 」

Seikatukougei4

« 5月例会② | トップページ | 土曜の集い »

生活工芸グループ」カテゴリの記事

コメント

 この度は大変お世話になっております。
 生活工芸で学んでいますkonomiです。

皆様にまだ上手くお伝えする事が出来ませんが・・・
(私自身がこれから学んでいく者ですので)
生活工芸は、単なる趣味の領域で、ステンシル等をしているグループではありません。

子供と散歩をしています。
「この花は、OOと言う名前の花よ」と話すより

「この花は、可愛いねぇ~。綺麗ね。いい香りがするね。・・・」
等と、お話した方が、心豊かになりますよね。
野に咲く花を一輪、小さな花瓶に挿して・・・

*なんと、幸せな一日でしょう!!

今年の生活工芸の読書は、
日常の営みの中で、美しいものへの感動や、新鮮な驚きに触れることの大切さを
通して学んでほしいと、1963年(昭和39年)から「婦人之友」の誌上生活工芸講座に
連載されたものを、学んでいます。

とても面倒でしょうが、忍耐強く・ゆっくり・丁寧な生活に通じるものだと思います。

見学・・・・何時でも歓迎します。どうぞいらっして下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

工芸とは?工芸のよいデザインとは何か?それは人の生活の姿を表すもの。

また、時代の精神と文化の性質を示すものだと思います。

私共の一番の目的は、単に工芸品の製作ではなく、それを作る人、

使う人々の健康で豊かな人間性の成長です。

    山室光子・笹田和子
    婦人之友・1983年(昭和58年)5月号・「家庭を工芸のアトリエに」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2025054/56152697

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の生活工芸グループ:

« 5月例会② | トップページ | 土曜の集い »